本文へ移動

労働資料館

労働資料館の概要

 2013年4月に日本鉄道福祉事業協会は、一般財団法人として認可を受け、労働資料館事業は、その公益事業の一つとして内閣府に認められました。
 2017年7月にオープン、閲覧スペースも備えています。貸出、コピーサービス(有料)もあります。
 図書・資料は、単行本約7,200冊、労働組合関係資料が約5,000点、全集や選書も多数所蔵しています。
 また、資料の劣化が進行しているものは、デジタル化、映像フイルムやビデオなども保存しています。

ご利用案内

◆開館日◆
月曜日~金曜日 10:00~16:00
 
◆休館日◆
土曜日、日曜日、祝日、臨時休館日
 
◆ご利用申し込み、お問い合わせ
一般財団法人 日本鉄道福祉事業協会 労働資料館
東京都品川区西五反田3-2-13
目黒さつきビル1階
電話 03(5434)3075
FAX 03(5435)8761

ご利用方法

◆利用資格◆
どなたでもご利用できます。ご利用の際には、事前に電話などでお申し込みください。
ご来館の際には、受付カウンターで利用者票にご記入いただきます。
 
◆貸出について◆
所定の手続きにより館外貸出もできます(一部資料をのぞきます)。
貸出期間は2週間です。
貸出を希望される場合は、身分証明書(運転免許証など)をお持ちください。
 
◆コピーサービス◆
著作権法の範囲内でご利用いただけます。
料金は白黒1枚10円、カラー1枚30円となります。

※ 館内での飲食・喫煙はご遠慮ください。

所蔵図書・資料の概要

◆機労・動労等 関係資料◆
・結成前後の全国大会資料・議事録
・動力車新聞、国鉄新聞の縮刷版など
 
◆労働組合 関係資料◆
・労働運動史
・定期刊行物など
 
◆一般図書◆
 ・労働関係資料
 ・国鉄関係資料
 ・国鉄分割・民営化資料など
 
ポーランドの映画監督。日本文化をこよなく愛した映画界の巨匠が描いた「絵コンテ(映画作成のための設計図)」所蔵

著名な哲学者である故梅本克己のご家族から寄贈していただいた、全蔵書4,000冊、他にノートや書簡など
 
1949年の三鷹事件関係の裁判資料、書簡、支援関係資料、書籍、写真など
 
動労、JR総連・東労組の指導者として名を馳せた松崎明の足跡を示す著書、執筆原稿、資料、写真、ビデオなど

お知らせ

来館される皆様への新型コロナウイルス感染防止対策ご協力のお願い

・来館時のマスクのご着用と手指のアルコール消毒をお願いします。
・入館時に当ビル入り口に設置されております検温器にて検温をお願いいたします。
 37.5℃以上の方は入館をお断りさせていただきます。
・体調不良の他、感染の疑いがある場合は来館をお控えください。

閲覧再開について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴い、労働資料館の閲覧を休止してきましたが、感染症予防対策を講じた上で、2021年10月1日より再開いたします。

ご利用時間:月曜~金曜(祝祭日は除く)、10時 ~ 16時
 
なお、今後の状況に応じ、再び休館となる場合がございますので、予めご了承ください。
一般財団法人
日本鉄道福祉事業協会
〒141-0031
東京都品川区西五反田3-2-13
TEL.03-3491-7190
FAX.03-3491-7194
0
8
3
0
0
9
TOPへ戻る