本文へ移動

労働組合関係資料

資料の構成

 労働組合関係資料は、労働資料館所蔵資料の中で最も分量が多く、書籍や雑誌も含めて多様です。その核をなすのが国鉄動力車労働組合(動労)の資料群、動労の前身・機関車労働組合の結成大会から動労の解散大会までのすべての全国大会、中央委員会の資料・議事録も保管されています。
 機関車労働組合の組合員は、もともとは国鉄労働組合(国労)内の職能的な集まりで、本部への要求を積み重ねる中で機関車連盟、機関車協議会へとまとまり、国労からの脱退・新組合結成へと踏み切ることになりますが、そのような結成以前の経緯を知る資料も残っています。
 その後、国鉄当局との交渉権を獲得し、総評加盟、反合理化闘争を重ねる中で、1960年代、70年代の日本労働運動に存在感を示すまで成長していく経緯も、残された資料群から読み解くことが可能です。
 以下は、機関車労働組合結成前後の様子をまとめたものです。

労働組合の歴史 ※下記PDFをクリックしてください。

TOPへ戻る