一般財団法人 日本鉄道福祉事業協会のホームページへようこそ!!

 

労働資料館事業

 

労働資料館閲覧室を開設

労働資料館閲覧室を開設
 

このたび、これまで「資料室」に所蔵していたJR総連およびJR東労組のすべての資料を寄贈していただき、事業協会の公益事業の一環として「労働資料館閲覧室」として装い新たに開設しました。閲覧室には閲覧者用のデスクや椅子も備えています。貸し出し(一部資料類を除く)、コピーサービス(有料)も行います。

開設時点での図書・資料点数は、単行本約5,300冊、労働組合関係資料(ファイル数と冊子)が約4,000点、「動力車新聞」、「国鉄新聞」などの縮刷版、労働組合関係の定期刊行物など、労働組合運動の歴史や現実の動き(経済面や平和問題)を伝える資料などのほか全集や選書などを多数所蔵しています。

 また、貴重な諸資料の劣化が進行しているため、たとえば動労の全国大会や中央委員会の議事録についてはデジタル化しました。これらは閲覧室でご覧になれます。映像フイルムやビデオなども保存(一部はデジタル化)してあり閲覧室での利用が可能なものもあります。

 私たちの先達が血と汗と涙で創り上げた労働組合運動について、その一端を知るために、とても参考になる資料を多く整理し所蔵しております。温故知新、文字通りふるきを訪ね、新しきを知るための場でもあります。
 

開設までのあゆみ

開設までのあゆみ
 

 ご承知の通り国鉄改革後に「さつき会館」は、動労から鉄道労連(現JR総連)の本部事務所として使用されていますが、1996年に『自然と人間』を発刊するために使われた部屋の一部に資料棚を設けて、動労関係や国労関係など国鉄労働運動とそれに関連する諸資料を収集したことが「資料室」(「閲覧室」の前身)の始まりです。当時は、「資料室」の一角の物置のような箇所に積み上げられていました。必要なときに探すという事が当たり前だったからです。

 その後、2002年から資料全体の整理、把握作業が進められました。また資料については、OB諸氏や元国労役員の本間久雄氏、著名な哲学者であった梅本克己氏の蔵書がすべて奥様から寄贈されるなど、労働運動研究家、文化人などからも多くの資料が寄贈されました。さらに職場に残っていた貴重な資料が動労の地本・支部、国労の分会などからも寄贈され、現在の所蔵内容となりました。

 

今後、より一層、利用しやすい資料館にするための資料の収集、データの整理作業を進めていきますが、皆さんからの資料の提供をお願いすることとしています。

また労働資料館は所蔵する文献資料について不特定多数の方々にも広く開放し、労働運動、市民運動の前進にも寄与していく所存です。

 閲覧室に楽しく集い・語り合って、過去を振り返りつつ未来を考える、資料を通した交流の場としても当閲覧室を利用していただけるよう願っています。
 

ご利用案内

ご利用案内
 

 どなたでもご利用できます。ご利用の際には、あらかじめ電話等でお申し出の上、お名

前、連絡先を確認できるものをお持ちください。

 規定の手続きにより館外貸し出しもできます。一部資料については館外貸し出しできな

い場合があります。詳しくはお問い合わせください。

 ☆ ご利用申し込み、お問い合わせ:電話03(5434)3075

     Eメール eturan●jigyou-kyoukai.org (●を@に置き換えてください)

 ☆ ご利用時間:月曜~金曜(祝祭日は除く)、10時 ~ 16

 ☆ コピーサービス:有料(サイズにかかわらず、白黒=1枚10円、カラー=1枚30円)

 

 

所蔵資料

所蔵資料
 

★ 労働組合関係資料:約4,000点(冊子及びファイル数)

★ 図書:5,300

★ 全集・叢書・選書:32

★ 労働関係機関紙誌、一般月刊誌・季刊誌・週刊誌:95

★ 映像・音声資料:40
 

所蔵資料一覧

所蔵資料一覧
 
労働組合関係資料 ( 2012-10-03 ・ 349KB )
一般財団法人
日本鉄道福祉事業協会
〒141-0031
東京都品川区西五反田3-2-13
TEL.03-3491-7190
FAX.03-3491-7194
────────────

────────────
051457
<<一般財団法人 日本鉄道福祉事業協会>> 〒141-0031 東京都品川区西五反田3-2-13 TEL:03-3491-7190 FAX:03-3491-7194