一般財団法人 日本鉄道福祉事業協会のホームページへようこそ!!

 

松崎明記念資料コーナー

 

松崎明記念資料コーナー案内

松崎明記念資料コーナー案内
 
 「松崎明記念資料コーナー」は、2017年7月、「目黒さつきビル」オープンと共に開設しました。
松崎明氏は動労、JR総連・JR東労組の指導者として、職場の闘いを基礎に組合員の利益を守り、平和と安全を守る闘いを切り拓いてきました。
 5万人合理化反対闘争、マル生粉砕闘争、安保・沖縄闘争、スト権奪還闘争、そして国鉄分割民営化反対闘争など、日本労働運動全体をも牽引するたたかいを実現してきたと言えます。
 また1987年、「一個の革命」とも言われた国鉄改革を成し遂げ、JR東労組の礎を築き上げ、世界の労働組合・労働者との連帯も実現してきました。
 松崎明氏は2010年12月9日に亡くなりましたが、時代の流れに抗し、常に労働者の立場に立って闘い抜いた松崎明の抵抗とヒューマニズムの精神はいまも受け継がれています。
 本コーナーは松崎明氏のたたかいの足跡、歴史的資料をできるだけ蒐集し、現在・未来の労働運動の発展に役立てていきたいという願いが込められています。
 弾圧につぐ弾圧で、松崎氏本人はほとんど資料を保存することができませんでした。したがって、JR総連一JR東労組資料室に保存してあったもの、関係機関・関係者からの寄贈という形で蒐集しましたが、まだまだ全体を網羅することはできていません。これからも皆様のご協力を得てコーナーを充実させていきたいと思います。皆様のご協力とご活用をお願いします。
 

松崎明略歴

松崎明略歴
 
・1936年2月2日埼玉県生まれ。
・埼玉県立川越工業高校卒業後、松戸電車区に臨時雇用員として配属される。同品川客車区、同東京支区を経て、1956年国鉄職員となり尾久機関区に配属。機関車労働組合に加入。
・1960年に動労東京地本執行委員。1961年に国鉄動力車労働組合全国青年部を結成、初代青年部長に就任。動労を改革、総評労働運動の刷新を目指す。
・1963年には動労青年部退任、動労尾久支部委員長として12・13尾久・田端基地統廃合反対闘争を指導し逮捕され、公労法解雇処分を受ける。
・1964年に政研事務局長就任、田端支部書記長となる。1967年、動労関東地評事務局長となり、機関助士廃止反対闘争などを指導。1969年、東京地本書記長に就任、・1970年反安保・沖縄闘争、1971年マル生粉砕闘争、1972年、動労東京地本25日間の順法闘争などを指導。
・1973年、東京地本執行委員長となる。1975年スト権スト、1976年には「動労型労働運動」を提起する。1978年動労津山大会で「貨物安定輸送宣言」を本部に提起し、実現する。
・1980年「反ファシズム統一戦線」提唱。1982年から「国鉄労使国賊」論が流布される中で「職場と仕事と生活を守る」たたかい、国鉄再建問題4組合共闘会議(国労・動労・全施労・全動労)を結成し、分割・民営化反対のたたかいに取り組む。その過程で国労と対立が深まり、実質上2分解する。第2臨調「国鉄分割・民営化」の基本答申が出され、1984年国鉄が余剰人員調整策として「3本柱」を提案。
・1985年動労中央執行委員長に就任。組合として「三本柱」に取り組み、雇用安定協約締結。1986年、政府が「国鉄改革関連5法案」を閣議決定し、3月国会上程。7月、鉄労・動労・全施労・真国労等により「国鉄改革推進労働組合協議会」を結成する。総評と決別、公労協を脱退。
・1987年3月、東鉄労(後のJR東労組)の中央執行委員長に就任。4月、JR発足を経て、8月、鉄労、日鉄労、鉄輪労と完全統一に至った。対等な労使協力関係をめざし、抵抗とヒューマニズムを基底に据えて、健全な経営、労働条件の向上、安全、健康、平和のたたかいを進めた。しかし、結成当初から分裂策動が行われ、1990年頃からJR総連・JR東労組破壊が表面化し、1992年、JR連合が結成され、以降、対立状態が続いている。
・1995年JR東労組会長、2001年同顧問に就任(2002年退任)。2002年JR総連特別顧問(2003年勇退)。2002年からのJR浦和電車区事件など、大弾圧のなかで、2005年、業務上横領容疑で不当弾圧されるが、2007年末不起訴となる。2010年12月9日、間質性肺炎で逝去。享年74歳。
 
一般財団法人
日本鉄道福祉事業協会
〒141-0031
東京都品川区西五反田3-2-13
TEL.03-3491-7190
FAX.03-3491-7194
────────────

────────────
061310
<<一般財団法人 日本鉄道福祉事業協会>> 〒141-0031 東京都品川区西五反田3-2-13 TEL:03-3491-7190 FAX:03-3491-7194